沿革

昭和35年5月
東京都墨田区に「丸善機械店」として創立。
昭和36年1月
㈱イワシタとフライス盤の総代理店契約を締結。
昭和37年3月
㈱東亜機械製作所とラジアルボール盤の東日本総代理店契約締結。
昭和39年5月
業務拡大のため営業所隣地を取得。
昭和40年1月
司工作㈱とターレット盤の総代理店契約を締結。
昭和42年10月
群馬県吾妻郡に保養所用地を取得。
昭和43年5月
埼玉県鳩ケ谷市に倉庫用地を取得。
昭和43年12月
資本金1,500万円で組織変更、名称を「丸善機械株式会社」とする。
昭和45年2月
資本金を2,500万円に増資。同時に本社建設用地を取得。
日本工作機械販売協会会員、東京工作機械販売GP会員となる。
昭和43年 9月
栃木県藤岡町に在庫センター用地を取得。
昭和46年3月
創立満10周年を期に本社新社屋及び社員寮完成。
昭和49年7月
資本金4,500万円に増資。
昭和55年10月
創立満20周年を期に埼玉県鳩ケ谷市に在庫センターを竣工。
20周年記念「ベストマシンショー」を開催。
平成3年1月
本社隣にマルゼンパーキング完成。
平成3年5月
埼玉マシンセンター研究所棟増設。
平成8年7月
タイ国向輸出許可申請取得。
平成8年11月
海外研修(タイ・ベトナム)。株式会社マルメック設立。
平成9年10月
北関東マシンセンター開設。
平成10年11月
武田精密 入札会開催。
平成13年10月
㈱池貝 入札会開催。
平成14年5月
牧野フライス精機、㈱菊川工場 入札会開催。
平成15年4月
佐野コンテナセンター開設。
平成16年5月
川口機械工業協同組合加入。
平成17年6月
太陽工業㈱山形工場 入札会開催。
平成18年4月
東京マシンテック開設。オープン記念入札会開催。
平成20年4月
第二東京マシンテック開設。オープン記念入札会開催。
平成23年8月
海外研修(シンガポール)。
平成23年12月
第四東京マシンテック開設。オープン記念入札会開催。
平成25年10月
Tokyo Machine Tech Asia 設立。
トップに戻る